投稿

2018の投稿を表示しています

いつまで30年前のまま?

平成も終わろうとしているのに,仕事の仕方は進歩していない。30年前と同じくメールを確認して整理している。
メールは人間が読んで何をするか判断する。人間が読むものだから,読む相手のことを気遣う必要があり,失礼にならないように書くのに時間がかかる。丁寧なメールには,余計なことがたくさん書いてあり,読むのにも時間がかかる。
パスワード付き添付ファイル 添付ファイルはもっと厄介だ。添付を忘れたメールを出したり,受け取ったりすることが時々ある。容量が制限されていて,送れなかったり,届かなかったりする。テキストに変換され,複数のサーバを経由して送信されるため,簡単に盗み読みできる。暗号化する技術はあるが,ほとんど普及していない。中身を保護するために,たいてい「パスワードは次のメールで」と書いてあり,パスワード付きで送られてくる。「次のメール」も暗号化なしの平文なので,気休めに過ぎない。パスワードを入れるのは面倒だ。ウインドウを閉じてしまって,また開くときにまた聞かれるのも不便だ。
文書の共同編集 パスワードなしでも,添付ファイルは問題を引き起こす。皆で論文を作成したり,上司に企画書を見てもらうことはよくある。添付ファイルの応酬が繰り広げられる。中身のほとんど同じものが行ったり来たりする。図が多いと最悪だ。メール本文にいろいろと意見が書いてあり,WordやPowerPointの添付ファイルに修正がされている。両方を読んで古い版と比較しながら直すのは時間がかる。議論についていけない人がでてくる。
Excelファイルへの入力 時々,たくさんの添付付きメールが時々届く。依頼文書がPDFになっている。メールに書いてある以上の情報はほとんどない。どこを読んだらいいか分からない長いPDFのマニュアル,記入例。記入するファイルは,たいていExcelかWordだ。そらくコピペだ。時間をかけて準備された方には申し訳ないが,添付ファイルが3つ以上だとうんざりするので,後回しになって埋もれる。締め切り直前に慌てて対応すると,記入例のほうを送信してしまったりする。たくさんの人から受け取ったファイルは,ミスしやすいコピペで整理する。取りまとめた結果が確認のために送られてくることもある。
我々は時間を無駄にしていて,それを仕事だと勘違いしている。創造性はゼロだ。
長らくメールという道具に原因があると思い,…

Quadro P620

SkylakeなCore i5のIntel HD Graphicsには随分と悩まされてきた。自宅のPC用にELSAから発売されたQuadro P620を購入した。WindowsでBlenderもGLFW/GLEWのプログラムも起動しなかった。FreeBSDでは,12-CURRENT (TrueOS)には対応するものの,11に対応していなかった。
マイニング需要の影響でグラフィックボードは高値が続いてきた。下落の傾向はみられるが,古いボードが発売当初の価格に戻って安定していたりする。
そんな中ELSAからNVIDIAのQuadro P620が発売された。今のところAmazon.co.jpで探すと,P600がヒットするので要注意。P600と比較してCUDAコアが384から512に増強されている。メモリは高速なGDDR5を採用し,消費電力は40Wと小さい。Geforceがゲームを念頭にDirectXに最適化されているのに対し,Quadroシリーズはワークステーション用にOpenGLに最適化されている。
P620は新製品なので価格が下がってから手に入れたいところだが,価格が下がらない旧機種と比較して割安感があったことから購入を決めた。
端子はHDMIではなく,Mini Displayportが4つ。MacBook用に買って手元にあったDPC-4KHD20/BKで接続したところ,VX24AHでWQHD (2560x1440) で表示された。手元のHDMIケーブルとHDMI-MiniDisplayPortアダプタではFull HD (1920x1080)にしかならなかった。ケーブルやアダプタはFull HDまでのものが多いので,WQHDや4Kで出力したいときは注意が必要。
付属品はロープロファイル用ブラケット,DVIとDisplayPortアダプタ,クイックスタート,説明書。
さて,Windows 10でIntel HD Graphicsドライバのバグを示唆するエラーで起動しなかったBlenderやOpenGL tutorialsのプログラムもあっさり起動した。
TrueOSはOpenRCを採用したり,独自のpkg/portsツリーに依存しているためかFreeBSDと同じように動作しないことがある。Luminaの理想には賛同する点があるものの,もなんだかやぼったい。そのう…

日誌を書いて仕事を楽しくする5つの方法

bullet journalに掲載されたMarcus Clarkeによる記事の拙訳。許可を取ろうとしたが返答がない。
John Adams(米国第2代大統領)からAndy WarholOprah Winfreyに至るまで時代を牽引する人たちは,次の重要な事実を私たちに教えてくれる。日誌を書く時間を持つことは,目的の価値を高め,根気を養い,修養になり,人間的な成長を促すということである。意味のない習慣のように見えるかもしれないが,考えたことや経験したことを書き留めることは,将来を計画し,内省・反省をするきっかけとなりうる。時に単純な変化が幸福の度合いに大きな差をもたらすことがある。日誌を書いて仕事を楽しくする方法を5つ挙げる。
ノートに実現可能な目標を一日の始めに列挙する 研究によると,目標や期待を満たさないと今後の動機や成功への願望に負の影響を及ぼすことが示されている。しばしば,高い目標を掲げて動機を高めるようとするが,必然的に満たすことができず,逆効果になることがある。毎日の始めに,実現可能で,その日にやりたいことを4つか5つノートに列挙しよう。目的が明確になり,一日が終わる前にすべきことの覚え書きがモノとして残る。完了した時,ノートはその日にやり遂げたことすべての証となり,機嫌よく帰途に就くことができる。
一日を通じて湧いたアイディアの記録をとる 全く違うことに取り組んでいる時に,天才的なひらめきや問題に対する素晴らしい解決法が得られることは稀ではない。日誌を書くことは,他の仕事をしている最中であっても,その日に浮かんだアイディアを常に把握することに役立つ。一日を通してこれらのアイディアを書き出しておけば,後で見直せる。アイディアを書き留めれば,さらなる創造性を刺激し,すぐに日誌はアイディアでいっぱいになるだろう。
同僚や師匠の助言を書き留める 日誌は,友人や仕事の同僚が共有してくれた洞察を書き留めるのに最適だ。仕事の仲間は,通常自分が直面している状況に関係しており,的を射た意味のある助言をすることができる。そのような有り難い知恵を無駄にしてはいけない。少し時間を取り助言を書き留めて,今後のために残そう。この方法は,良い助言に耳を傾けることの大切さを改めて認識し,自分の身の回りの人々の意見に感謝する機会となる。
日誌を予定表にする ほとんどの人は,日誌に加えて…

3000円以下の軽量ヘッドフォン

左右独立のBluetoothイヤホンが流行っていますが,耳栓のような「息苦しさ」が苦手な方も多いと思います。私もその一人。そこでヘッドフォンを探してみることにしました。
Bluetoothで線がないのは素晴らしいのですが,それを以上に面倒です。まず,プロファイルやコーデックがややこしい。接続が面倒でペアリングしていてもいつのまにか相手を忘れていることがあります。
Bluetoothやノイズキャンセリングだと電池が必要です。電池切れも心配ですが,電池の分確実に重くなります。
この際Bluetoothとノイズキャンセリングはきっぱりとあきらめます。
外で聞く分には音質はそこそこでよいはずです。ハイレゾは不要。
耳を覆うものはこれからの季節,蒸れるので除外。ヘッドバンドがギシギシいうものは音が気になるので論外。このタイプは耳への押し付けが強く痛くなるものが多いようです。
好みに合うものを探してみると,3000円以下でもよさそうなものが見つかりました。
SONY MDR-ZX310
音質は全くの主観でしかありませんが,特に癖を感じませんでした。5色から選べます。SONY好きの方にはおススメです。
JVC HA-S160
紹介する中で最安でイヤーパッドは最も小さく最軽量。4色展開。
悩んだ末に選んだのはこちら。
PHILIPS SHL4805
オンキヨーがPHILIPSブランドで扱っているようです。プレスリリースはあるのですが,ラインナップには見当たりません。更新サボってますね。色はダーククロムローズゴールドの2色。
リモコン付き4極でハンズフリー通話に対応。Moto XとiPadのSkypeテストコールでマイクが使われていることを確認。
オンイヤーですがイヤーパッドが大きいので,耳のサイズや当て方によってはパッドの中に耳が入ります。夏に向けてHA-S160もよさそう。

Moto X4

イメージ
年末にiPhoneを卒業
おそらく例のバッテリ問題が原因で,動作が遅くなった。いや,そうではないかもしれない。サポートに診てもらったバッテリは健全だとのこと。でもリセットしてもういいやと。量販店で展示品のiPhone 7が割引されていた。こだわっていた圧力センサがついている8やXにしてもよかった。でも来年か再来年には善意で遅くされるのは嫌だと思った。自分の求めてた仕様になったApple Watchを買えばずっと拘束されそうで怖いと思った。以前にZenfone 5で脱iPhoneを企てて散々だったが,それでもここまで腹を決めた。

数ある中で選んだのはMoto X4。Z2 Playと最後まで迷った。Z2 PlayはMoto Modsが楽しいだけでなく,薄くてOLEDがきれいだった。決め手は防水とデュアルカメラ。G5s Plusもデュアルカメラだが防水ではなく撥水。X4のカメラのひつは広角。自撮りはあまりしないがインカメラが高解像度。
X4は背面がガラスで美しい。選択したスティーリングリングブルーが美しい。でも割るのが怖くて質感を損なうケースに入れて使っている。電源を入れると「Hello Moto!」と呼ばれてにやにやする。Nike+は実用になった。iPhoneで使っていたアプリはだいたいある。プレインストールは少ないがOutlookは便利。指紋認証は迅速。近くの駅とバス停の時刻表が表示されるGoogle MapsはiOS版より便利。Oreo対応は早かった。DSDSは使いこなしていないが海外出張のときに便利かも。

「室内に干すのもいいね」と君が言ったから、今日は我が家のnasta記念日

イメージ
気温が低く,日が短い冬季は洗濯物が乾きにくくなります。エアコン暖房だと湿度が低くなりがちなので,室内干しでもよく乾きます。加湿器の代わりにもなって一石二鳥。これから始まる杉花粉や黄砂などで外に干せない時も活躍しそうです。問題はどこにハンガーなどをかけるか。
nastaAirHoopを取り付けました。AirHoopに物干し竿,AirHoopを掛けるAirDotのセットを購入。

AirHoopは竿を引っ掛けるフープをポールにねじ込んで使います。ポールの長さは3種類。2本をつなぐボルトも付属しています。天井に取り付ける側にはヘッドをつけます。

金属のベースを長い木ねじ2本で止めます。梁に止めました。ねじが少し傾いてしまいましたが,カバーをつければ見えません。


ベースランドリーポールは両側に35 cmずつ伸びます。縮めた状態が100 cm,伸ばした状態で170 cm。竿は太さが合えば手持ちのものでも可。

AirHoopを掛けるAirDotも同梱されています。こちらは木ねじ1本に引っ掛けて設置します。