3000円以下の軽量ヘッドフォン

左右独立のBluetoothイヤホンが流行っていますが,耳栓のような「息苦しさ」が苦手な方も多いと思います。私もその一人。そこでヘッドフォンを探してみることにしました。
Bluetoothで線がないのは素晴らしいのですが,それを以上に面倒です。まず,プロファイルやコーデックがややこしい。接続が面倒でペアリングしていてもいつのまにか相手を忘れていることがあります。
Bluetoothやノイズキャンセリングだと電池が必要です。電池切れも心配ですが,電池の分確実に重くなります。
この際Bluetoothとノイズキャンセリングはきっぱりとあきらめます。
外で聞く分には音質はそこそこでよいはずです。ハイレゾは不要。
耳を覆うものはこれからの季節,蒸れるので除外。ヘッドバンドがギシギシいうものは音が気になるので論外。このタイプは耳への押し付けが強く痛くなるものが多いようです。
好みに合うものを探してみると,3000円以下でもよさそうなものが見つかりました。
SONY MDR-ZX310
音質は全くの主観でしかありませんが,特に癖を感じませんでした。5色から選べます。SONY好きの方にはおススメです。
JVC HA-S160
紹介する中で最安でイヤーパッドは最も小さく最軽量。4色展開。
悩んだ末に選んだのはこちら。
PHILIPS SHL4805
オンキヨーがPHILIPSブランドで扱っているようです。プレスリリースはあるのですが,ラインナップには見当たりません。更新サボってますね。色はダーククロムローズゴールドの2色。
リモコン付き4極でハンズフリー通話に対応。Moto XとiPadのSkypeテストコールでマイクが使われていることを確認。
オンイヤーですがイヤーパッドが大きいので,耳のサイズや当て方によってはパッドの中に耳が入ります。夏に向けてHA-S160もよさそう。

コメント

このブログの人気の投稿

静的サイト生成ツールの導入

uptex

TeXのソースを分割してTeXShopでタイプセット