投稿

2月, 2010の投稿を表示しています

f2py

f2pyは, numpyに含まれF77/f90のサブルーチンをpythonから利用するために用いるスクリプト. F77の場合どれが出力となるかをコメントに書く必要が生じることもあるが, 簡単に共有ライブラリの生成ができる. Eigen2やmkoctfileくらい簡単だ. NCLには独自のWRAPITがあるが, PyNGLではnumpyのf2pyを使う.

PyNGL

NetCDFなどのファイルを読み書きするPyNIOとNCLをPythonから使えるようにするPyNGLをMacPortsに追加した (py26-nio.py26-ngl). NCL (ncarg) 同様, 入手には登録が必要なのでEarth System Gridから手動でソースを取得する必要がある. NCLで描ける絵のほとんどに対応しているようだ. Pythonのテキスト処理や辞書などのデータ構造や, numpy, scipyを使った数値処理が利用できるようになる. 依存するNCL等のコンパイル時に用いたコンパイラがg95のときは, インストールするときに+g95をつける.