plplot-5.9.2 revision 1

D言語のbindingとcairo/pangoドライバをvariantsとして追加.cairoドライバによりPDFが作成できるようになる.g95, gdc, cairoを有効にしてインストールするには,
sudo port -d install plplot +g95 +gdc +cairo
とする.

D言語サンプルは,bindingがexperimentalなので少ないが,/opt/local/share/plplot-5.9.2/examples/dにいくつかある.コンパイルは,ヘッダ/opt/local/include/plplot/plplot.d,モジュール本体は/opt/local/lib/libplplotd.dylibなので,
gdmd -I/opt/local/include/plplot x03d.d /opt/local/lib/libplplotd.dylib
とする.gdcでなくgdmdを使うとソースコードから.dをとった名前のバイナリができる.簡単なプログラムでは便利.-lオプションはないようだ.

コメント

このブログの人気の投稿

静的サイト生成ツールの導入

uptex

TeXのソースを分割してTeXShopでタイプセット