D 2.025 for Mac OS X

D 2.025には,Mac OS X版が含まれている.D言語を開発したDigital Mars社純正で,Intel Macで動作する.writeln()等D 2.0で追加された機能が使える.ChageLogを見ると2009/2/14に公開された2.025からMac OS X版が追加されたようだ.マニュアルrdmd.1はあるが,rdmdはない.

2009/2/24 追記
#!/usr/bin/dmd -run
と書けば良いようだ.スクリプト風に動くというのは面白い.

私の場合は,/usr/local/dmdというフォルダを作り,bin, libをコピー.shareにhtmlとmanをコピー.ランタイムはsrc以下にあるので,これもコピー.dmdは/etc/dmd.confの設定を読む./usr/local/dmd/etc/dmd.confからシンボリックリンクを張った. dmd.confには,次のように書いた.

DFLAGS=-I/usr/local/dmd/src/phobos -I/usr/local/dmd/src/druntime/import -L-L/usr/local/dmd/lib

gdcで変なメッセージが出ることに対応するパッチは,MacPortsのリポジトリに登録されたようだ.

コメント

このブログの人気の投稿

静的サイト生成ツールの導入

uptex

TeXのソースを分割してTeXShopでタイプセット