iPhone 3Gでなんちゃておサイフケータイ

BelkinのiPhone 3G用ケースLeather Flip Folioを購入。カードが入るフタがついている。SuicaやPASMOなどICカードを入れれば、電車にも乗れるし買い物もできる。

液晶保護シート付でケースをしたまま充電もできる。ひとつ残念なのは、せっかくレンズ用の穴があるのに、奥までiPhoneを入れると穴がレンズにかぶってしまうこと。

写真を撮るたびにiPhoneの位置を直すのは手間だが、ケースを買い直すのももったいないので、約5 mm「上げ底」を試みることにした。手芸材料店で革のひもを137円で購入。カッターでちょうど良い長さ (9 cm) に切断して、革用の接着剤で貼る。ひもの厚さはちょうど良かったようだ。

ケースが上に開くことも少々不満だった。PDAとしては普通かもしれないが、電話として使うときにはフタが下に開いた方が便利だ。でも、フタが下に開く場合はフタを留めるベルトが必要になり厚みが増すのでこれで良いのかもしれない。

フタが上に開くと、写真を撮るときにフタを持っていないといけない。しかし、屋外や窓のそばでの撮影でこれは欠点ではないかもしれない。フタが影をつくるので、画面が見やすくなる。

コメント

このブログの人気の投稿

静的サイト生成ツールの導入

uptex

TeXのソースを分割してTeXShopでタイプセット