grads 1.9b4 revision 3

同僚がついにiMac G5への移行を開始。
PowerPCなので、g95に必要なodcctoolsのコンパイルがうまくいかないのではと思ったが、odcctoolsはLeopardでは不要だったので、問題なくg95がインストールできた。

gradsのインストールをしていたので、gradsのPortfileを見直したところ、/usr/includeや/usr/libを参照していて美しくない。いろいろと手を入れた。

  • zlibを使っていたようなので、zlibへの依存を記述。
  • libwmfはprintimの時だけに必要なので、ベタ書きされていたのを削除。
  • パッチに.diffの拡張子をつけた。
  • Finkのパッケージを参考にして、gx.hにある/usr/localにべた書きで参照しているところを${prefix}に変更。
  • gxhpng.cにgcCompareInt()中身がないので、Redhatのパッケージを参考にして中身を記述。
  • hdf4に対応。hdf4パッケージもコミット。

コメント

このブログの人気の投稿

静的サイト生成ツールの導入

uptex

TeXのソースを分割してTeXShopでタイプセット