Yosemiteで論理ボリュームを削除

Mac Pro (Early 2008)に4つの6TBハードディスクが内蔵して使っている。OpenZFSを使っていたのだが,Yosemiteでは不安定な上に,以下を試したがSpotlightが有効にならない。
  • mdutil -i on ボリューム名
  • zpool/zfs upgrade
  • defaults write com.apple.desktopservices DSDontWriteNetworkStores false
あきらめてRAID10を構成することにした。中身はバックアップのある壊れてもよいものだったので,ディスクを消去した。その結果,ディスクごとにCoreStorageの論理ボリューム(logical volume)が作成されてしまった。YosemiteでCoreStorageは既定のようである。
diskutil cs revertで解除できるとのことだが,diskutil cs listを見るとRevertible: Noとなっており戻すことはできない。
diskutil csには,マニュアルに記述されていないコマンドがある。このうちremoveDiskを試したところ,物理ボリュームに戻った。この際,初期化が行われ論理ボリュームにあったファイルは消えてしまった。
$ diskutil list
$ diskutil eject disk番号
$ diskutil cs list
$ sudo diskutil cs removeDisk 物理ボリュームのUUID

コメント

このブログの人気の投稿

静的サイト生成ツールの導入

uptex

TeXのソースを分割してTeXShopでタイプセット