投稿

10月, 2015の投稿を表示しています

OS X El CapitanにアップグレードしたのでMacPortsを入れ直し

MacPortsは,OSのバージョンを上げたら入れ直し(migration)が必要。OS X El Capitanにアップグレードしたので,MacPortsを入れ直す。
1. はじめに El Capitanにアップグレードしたマシンでportコマンドを実行すると,
$ ~ takeshi$ sudo port -d selfupdate Password: Error: Current platform "darwin 15" does not match expected platform "darwin 14" Error: If you upgraded your OS, please follow the migration instructions: https://trac.macports.org/wiki/Migration OS platform mismatch のようにエラーが出る。エラーメッセージにあるように,Migrationに従って入れ直す必要がある。
ただし,各パッケージのバイナリをビルドするサーバ(buildbot)が稼働していないので,バイナリはまだ提供されていない。選択肢は3つ。
充分時間をとって,ソースからコンパイルする。コンパイルに問題があるパッケージは,ElCapitanProblemsに掲載され始めている。掲載されていないものの中にもうまくいかないものがあるかもしれない。YosemiteでインストールしたMacPortsをそのまま使い続ける。ほとんどはそのまま動くはずだ。ただし,OSのライブラリに動的にリンクされているものがあれば,ライブラリのバージョンが変わったり,ライブラリが無くなったりすると,動作しない可能性もある。portコマンドはOSのバージョンが違うとエラーを出すようになっているので,port treeの更新も新しいパッケージの導入もできない。El Capitanへのアップグレードをもう少し後にする。El Capitanにアップグレードすると,動かなくなるソフトウェアが出て仕事にならなくなる可能性がある。メインのマシンのEl Capitanへのアップグレードは慎重に検討してからの方がよい。 職場のメインのマシンは,しばらくYosemiteのままにする。Ma…