投稿

6月, 2013の投稿を表示しています

RTTOV v11のコンパイル

RTTOV v11が2013年5月にリリースされた。
ソースの入手 新規,既存のRTTOV v10ユーザ共request formから申請が必要。
1日くらいでダウンロードリンク付のメールが届く。
コンパイル ソースの展開 アーカイブをそのまま展開すると,いろいろぶちまけるのでディレクトリを作ってからそこに展開するようにした方がよい。
コンパイラの指定 追記 2014/1/30: 以下の書き換えをせずに,gcc_selectを使ってもよい。
$ sudo port select gcc mp-gcc47 /opt/local/binにgcc-mp-4.7のシンボリックリンクとしてgcc,gfortran-mp-4.7のシンボリックとしてgfortranが作られる。
並列実行には,OpenMPが必須なのでg95は諦めてgfortranを使うことにする。MacPortsのgfortranは変な名前なので,build/arch/gfortran-openmpを修正する。
FC=gfortran-mp-4.7 FC77=gfortran-mp-4.7 CC=gcc-mp-4.7 コンパイルの実行 srcでARCHを指定してコンパイル。
$ make ARCH=gfortran-openmp オプンションを有効にする 追記 2014/1/30: この節はうまくいかない。hdf5-18はgcc-mp-4.7にサポートされていないオプションを与えているために,configureで落ちる。+gcc47の代わりに+gfortranとするとコンパイルできるが,netcdf-fortranの依存関係検査と整合しない。
HDF5とnetcdfはオプションだが,リンクしておく。hdf5-18はFortranインターフェースがコンパイルされていなかったので,既存のものをdeactivateし,+fortranつきでインストール。netcdf-fortranがインストールされていなかったので,+gcc47をつけてインストール。
$ sudo port -df deactivate hdf5-18 $ sudo port -d install hdf5-18 +fortran +gcc47 +szip Makefile.localを修正する。
NETCDF_PREFIX = /op…

mimefix-1.8.4.0

mimefix-1.8.4.0
Mail.app 6.5に対応していただいたようです。有り難うございます。

dvipdfmx

jpgやpngを含むdviをMacPortsのtexlive-basicに含まれるdvipdfmxでpdfに変換すると,Abort:trap 6のエラーで止まってしまう。
LuaTeXへの移行がすすめられているが,そう簡単にはできないので,自分でコンパイルすることにする。
MacPortsで $ sudo port -ds install texlive-basic configure.compiler=gcc-macports-4.7 のようにしてもソースからコンパイルしている様子はない。
先人にならって,ソースを取得して/usr/localにインストールする。
$ curl -O http://project.ktug.org/dvipdfmx/snapshot/latest/dvipdfmx-20110311.tar.gz $ tar zxvf dvipdfmx-20110311.tar.gz $ cd dvipdfmx-20110311 $ export CC=/opt/local/bin/gcc-mp-4.7 $ ./configure --with-kpathsea=/opt/local $ make $ sudo make install