ソースとシンク

ソースに対応する日本語はみなもと(源)だが,シンクの良い訳が思いつかない.國立臺灣大學の教授に中国語ではなんと言うか聞いてみた.「滙」だそうだ.iPhoneの大辞林や新漢語林を引いてみたが,見当たらない.紙の漢語林を部首で調べていたら,見出しの字は,「匯」だった.「滙」は同字.漢音は「カイ」呉音は「ガイ」で,めぐる,集まるという意味.為替という意味もある.ちなみに,HSBCが「滙豐」.シンクに対応する,やまとことばは何だろう.

コメント

このブログの人気の投稿

静的サイト生成ツールの導入

uptex

TeXのソースを分割してTeXShopでタイプセット