BibDeskのbibファイルをMendeleyに取り込む

Mendeleyはクラウド対応の文献管理アプリケーション。Wordでの引用、文献リスト作成にはMendeleyが便利。
ToolsメニューからInstall Word pluginを実行するとAppleScriptがインストールされる
引用箇所でCommand+Control+iを叩いて引用を作成。文献リスト作成箇所ではCommand+Control+b。
PDFから適宜データを取り込んでくれるというふれこみだが、うまくいかなかった。不完全なデータの手直しは不便に感じられた。
試しに、BibDeskのbibファイルをDrag&DropでMedeleyに取り込んでみる。省略記号(例:MWR)で記入していたjournal名が落ちていた。定義をbibファイルの冒頭に書いてあるものは、置き換えられる。Mendeleyでは、journal名の略記(例: Mon. Wea. Rev.)中の\ 、title中の{}が不要である。そのまま取り込むと\や{}が残ってしまう。そこで、Mendeleyの取り込みに適した形にbibファイルを加工した。加工内容は
  1. Journalの定義とデータベースを結合
  2. Journal名の略記中の\を削除
  3. Title中の{}を削除
である。3はTitle = {を[に},を]に一旦置き換えて{}を削除し、[,]をそれぞれTitle =と},に戻している。
bibdesk2mendeley.sh
#!/bin/sh
bibdir="${HOME}/Documents/Bibdesk/bib"
abb=$bibdir/ametsoc.bib
ref=$bibdir/references.bib
tmp=./tmp.bib
cat $abb $ref > $tmp
sed -e 's/\\\ / /g; s/Title = {/[/; s/},/]/' $tmp | \
awk '/^[ \t]*\[/{gsub(/{/,""); gsub(/}/,""); print}; !/^[ \t]*\[/{print}' | \
sed -e 's/\[/Title = {/;s/\]/},/'
rm -f $tmp

コメント

このブログの人気の投稿

静的サイト生成ツールの導入

uptex

TeXのソースを分割してTeXShopでタイプセット