autoconf

パッケージを管理していると, たまにaclocal.m4が古すぎるから作り直せと言われることがある. また, configureがなぜ期待通りに動作しないことがある. このようなときにautoconfの知識が少し必要になる.

configureはconfigure.acからautoconfを使って作成される. configureは長大なシェルスクリプトで読み解くのが大変だが, configure.acはm4マクロ置換をする前のものなので, 短めである.

aclocalは, configure.acに取り込まれるaclocal.m4を作成する. 同一ディレクトリにあるacinclude.m4は読み込まれるようだ. その他のマクロはaclocalに-Iオプションでディレクトリを渡す. そのアプリケーション独自のマクロは, acinclude.m4やconfigure.acと同一または別のディレクトリ (例: m4)にAC_DEFUNで定義されている.

コメント

このブログの人気の投稿

静的サイト生成ツールの導入

uptex

TeXのソースを分割してTeXShopでタイプセット