投稿

8月, 2007の投稿を表示しています

萩野貞樹著「舊漢字」(文春新書)

高校時代から舊漢字はふざけて使っていたが、この本が出たのを機会に、正しい漢字をちゃんと会得したいと考えた。複雑な字も書けるように、低学年用(100字)のジャポニカ学習帳を用意した。

名文の抜粋を鉛筆でなぞる企画だが、まずは見出しの150字を10回ずつ練習した。名文以外に用例がいくつか載ってる。舊漢字で書くと新鮮で、おかしみす ら感じる。次は、共通の部首を持つ字、紛らわしい字、なじみにくい字を集めてみたりして、慣れていきたい。残念なのは、肝心のなぞる文のフォントが明朝体 なので、手書きとは字形がしばしば異なり、なぞる気になれない。教科書体で印刷してほしかった。Mac OS Xではヒラギノが搭載されていて、ことえりの「関連文字に変換」を使うと簡単に舊漢字に置き換えることが出来る。ヒラギノは文字が多いのだが、残念ながら 「平」「寒」などは新しい字形に統一されてしまっている。どのフォントを使えばよいのだろうか。趣味でならよいが、出版などでは困るのではないだろうか。新字体は画数を減らし、漢字を制限したことにより、漢字を普及し、効率を上げたということに一定の役割は果たしただろう。国民の大多数が新漢字にな じんでしまっている今、一気に舊漢字に戻すのは、抵抗が多いだろう。しかし、略し方の方針は、中国の簡体字に比べて一貫性に欠ける。手書きが少なくなった 現代では、画数が多いことはさしたるデメリットではなくなっている。まずは舊漢字を知らない世代が、舊漢字を知る、書いてみる、読んでみることから始めた らよいと思う。その点で、手頃な新書でこの本が登場したことは意義深い。実際に、舊漢字を書いてみると、見た目ほど難しいとは思わなかった。これで教わったらそれでもよかったかもしれない。変更するほどでもないと思う字 が大半である。著者が「難しすぎる」としている「龜」も書いていると、脳の使っていない部分が刺激されて、ある種の快感を感じる。スケッチをしているよう な漢字なので、右脳が刺激されているのだろう。教養のために読む本というより、実践する傍らに置く本である。興味を持たれた方には、ジャポニカ学習帳とともに買っておいて、時間のあるときに手を動かしてみることをお勧めする。

AMD64でSkype

SkypeにはLinux版があるが, AMD64はサポートされていない. いくつかのライブラリをイントールするなどして起動することができた.
まず, ライブラリをインストール.
apt-get install ia32-libs libasound2-plugins libqt4-gui
SkypeのUbuntu Linux用パッケージをダウンロードして, アーキテクチャを無視してインストール.
dpkg -i –force-architecture skype-debian_1.4.0.94-1_i386.deb
まだライブラリの呼び出しに問題があり, 動作しない. このディスカッションを見ると, 64-bitライブラリへの対応をとるスクリプトを作ってくれた人がいるので, これを利用させてもらう.
sudo getlibs /usr/bin/skype
オーディオに問題が有り、うまく使えていない。

フリーだと、ローマ字入力が主流だが、Ubuntuで採用されているAnthyは、かな入力ができる。かな入力派にはありがたい。

ローマ字入力は英語のキーボードを覚えるだけでよいが、ひと文字を2〜3文字に分解するのは不自然である。韓国語でも中国語でも、アルファベット(ハング ルを英語に置き換えたものや中国語のピンイン)でも入力できるが、多くの人は効率的に入力できる独自のキー配列を利用しているようだ。日本語の独自の配列 は、かな入力。携帯でローマ字入力する人は皆無だ。かなは多くのキーボードに刻印されているのに、使う人が少ないのは残念だ。Macユーザとしては、右上の「¥」は長音の「ー」、右下の「_」は「ろ」であってほしい。
ここを参考にしてキーの割り付けを変更。まず、.Xmodmapを作成。

keycode 211 = underscore underscore kana_RO

Ubuntuは、ログインし直すと読み込んでくれるが、「端末」を開いて、xmodmapコマンドでこのファイルを読み込む。

xmodmap ~/.Xmodmap

Anthyのアイコンを右クリックして、Anthyの設定を開いて「¥」を「ー」、「_」を「ろ」に割り当てる。Anthyのアイコンを右クリックして、「設定の更新」を選ぶと有効になる。これで日本語が入力しやすくなった。

Evolutionで.Macメール

Ubuntu添付のEvolutionで.Macメールのアカウント設定。送信時のSMTP認証は、SSLでなくTLSにするとうまくいった。