M_Map

M_MapはMATLABから使える地図投影パッケージ.

これが使えれば, Octaveで地球科学の解析から描画までできるのだが, 現状では, Octaveからは使えない. .mファイルと海岸線データ.matファイルだけで, 共有ライブラリは含まれない. Octaveの描画はgnuplotを使っているが,MATLAB互換の描画コマンドが必要.MATLAB互換描画コマンド群を目指すものとし て,octplotとyapsoがある. どちらも未実装の機能があり,alpha版の段階. octplotの方がやや進んでいるが, yapsoはGLUTを使っているので, 3次元の描画ができる.

octplotを~/octave/octplot-0.3.9にインストールした. configureのときに–with-pathと–with-minpathでインストール先を指定. インストール先のディレクトリ構造は作っておかないとエラーになった.

m_mapも~/octaveにインストール. .octavercで, m_mapとm_map/privateをaddpath()した. private/mu_coast.mでm_coasts.matのフルパスを指定. これはMac OS XでOctaveを使うときのパスの問題が原因と思われる. 海岸線をline()で描くくらいはできたが, エラーがたくさん出る.

yapsoは, octcdfを開発したAlex Barthさんが開発している. OpenGLをうまく見つけられず, インストールはうまくいっていない. Mac OS X でインストールしようとしている人とBarthさんがやり取りしているようなので, いずれ簡単にインストールして使えるようになるだろう.

コメント

このブログの人気の投稿

静的サイト生成ツールの導入

uptex

TeXのソースを分割してTeXShopでタイプセット