GDLで海岸線を描く

MacPortsでGDLをインストール。
sudo port -d install gnudatalanguage +gshhs
${prefix}/share/doc/gnudatalanguage/MAP_INSTALLを参考にして,地図の描画に必要なファイルを入手する。${prefix}は通常/opt/local。
map_で検索しても出てこないファイルがいくつかあるが,URL末尾を変えればダウンロードできる。
ファイルは適当なディレクトリ,例えば~/local/lib/gnudatalanguageや~/Library/GDLに置く。
map_*.proを置いたディレクトリにパスを通す。環境変数GDL_PATHに設定する場合,$DATADIR/gnudatalanguage/libが消えてしまうので,改めて追加する必要がある。この投稿を参考に環境変数GDL_STARTUPを設定し,そこでパスを追加した。
${prefix}/share/gnudatalanguage/testsuiteをパスに追加すれば,gdlを起動してtest_mapとするとサンプルが描画される。または,作業ディレクトリにtest_map.proをコピーして実行してもよい。
gdlを起動してtest_mapとすると海岸線が描画されるはず。
It is highly probable that the MAP data are not in the !dir PATH'
としかられるが,以前の中〜低解像度データがないと言っているだけ。GSHHSをインストールしているのして無視してreturn。
全球の地図は縞が出るがどうしたらよいか分らない。
高解像度の海岸線を使うには,MAP_CONTINENTSにHIRESキーワードを渡せとFAQにあるが,map_continentsがどこにあるか分らない。

コメント

このブログの人気の投稿

静的サイト生成ツールの導入

uptex

TeXのソースを分割してTeXShopでタイプセット