ystとgitit

Hakyllは設定ファイルがHaskellなので,ちょっと取っ付きにくい。でもPandocは使いたいと思っていたら,Pandocの作者が静的サイト生成ツールystやウィキgititなどのツールも作っていた。

ystの特長は,JekyllやHydeのように設定をYAMLに書くこと。このデータをstring templateに取り込んでサイトを生成する。string templateの作者はANTLRの作者。

gititはgitなどを使って履歴を管理する。見た目はWikipediaに似ている。Pandocを使って,ウェブページをLaTeX様々なフォーマットで保存できるのは,大変便利。個人用のメモに使うとよさそう。

ちなみにPandocの作者は哲学の教授。

コメント

このブログの人気の投稿

静的サイト生成ツールの導入

uptex

TeXのソースを分割してTeXShopでタイプセット