NCLの隠しオプション

NCLを-hオプションを付けて起動させれば,オプション一覧が表示される。
$ ncl -h
Usage: ncl -hnpxV  
  -n: don't enumerate values in print()
  -p: don't page output from the system() command
  -o: retain former behavior for certain backwards-incompatible changes
  -x: echo NCL commands
  -V: print NCL version and exit
  -h: print this message and exit
ソースncl_ncarg-6.0.0/ni/src/ncl/Ncl.cを読むと, 二つの隠しオプションがあることが分る。
            /* NOT ADVERTISED!  Will override "no echo" and print EVERYTHING! */
            case 'X':
                NCLoverrideEcho = 1;
                break;

            /* NOT ADVERTISED!  Will not echo copyright notice! */
            case 'Q':
                NCLnoCopyright = 1;
                break;
-Xは何でも書き出すオプションで,デバッグ時に有効。-Qはコピーライトを表示しない。-nQとすれば,nclで計算したデータをテキストに書き出すときに便利。

コメント

このブログの人気の投稿

静的サイト生成ツールの導入

uptex

TeXのソースを分割してTeXShopでタイプセット