TeXのソースを分割してTeXShopでタイプセット

長い書き物をするとき、TeXのソースはいくつかのファイルに分割することが多い。ルートファイルroot.texに\input{foo}を使って、foo.texの中身を取り込む。
コマンドラインだとMakefileに依存関係を書いておくと楽。でも、ちょっと面倒。omakeで更新のたびに自動的にタイプセットすることもできる。
TeXShopでは、foo.texを編集しているときにタイプセットをクリック、またはCommand+Tしてfoo.tex自体をコンパイルしてしまうことがある。
foo.texの冒頭に
%!TEX root = root.tex
と書いておくと、foo.texの代わりにroot.texをコンパイルする。
root.texには
%!TEX TS-program = pdflatex
のようにどのコマンドでタイプセットするか書いておくとよい。
どちらもTeXShopのヘルプに書いてある。

コメント

このブログの人気の投稿

静的サイト生成ツールの導入

uptex