WM3500R+Time Capsule

WM3500RにクレードルをつけてTime CapsuleとLANケーブルで接続.

AirMacユーティリティでインターネット>インターネット接続はブリッジモードに,AirMac>ワイヤレスは切にした.無線LANはWM3500Rの方を使う.

AirMacユーティリティで無線LANを切った後に設定を確認・変更するときは,LANケーブルで接続するとよい.


うまくいかないときは,設定だけでなく,ケーブルの接続や無線LANのアクセス制御もよく確認する.

コメント

このブログの人気の投稿

静的サイト生成ツールの導入

uptex

TeXのソースを分割してTeXShopでタイプセット