VimでFortranのsyntax colouring

このところsyntax colouringを使ってきたが,拡張子がf90なのに固定形式として認識されているようだった.
調べてみると,先頭250行を見て判断していることが分かった.
このソースは,左端から6桁開いているが,72桁より長いところが
無効としてハイライトされていた.

拡張子がfとFの時に固定形式とするには,.vimrcに次のように書く.
filetype plugin indent onはsyntax onよりも前でなくてはならない.

なお,既定では,新しいファイルは固定形式と仮定するようだ.
これまでは,少し書いてから,いったん保存して開き直していた.

filetype plugin indent on
let s:extfname = expand("%:e")
if s:extfname ==? "f" || s:extfname ==? "F"
let fortran_fixed_source=1
unlet! fortran_free_source
else
let fortran_free_source=1
unlet! fortran_fixed_source
endif
syntax on
autocmd FileType * set formatoptions-=tcq

最後の行は,自動改行を防ぐおまじない

コメント

このブログの人気の投稿

静的サイト生成ツールの導入

uptex

TeXのソースを分割してTeXShopでタイプセット