ncarg on MacPorts

nclのソースが公開されて随分経つが, ソースのコンパイルは先延ばしにしてきた. ついに, Portfileを作成してコミットした. ビルドシステムは, configureやCMakeではなく, 独自cshスクリプトとymakeだが案外順調に進んだ.

HDFのヘッダをhdf/mfhdf.hで参照しているので, hdf/を削除するというパッチは必要だった. g2clibはwgrib2のものを使った. hdfeosにはPortfileを書いた. gcc43が既定のfortranコンパイラとなったが, +g95でg95でもコンパイルできる.

BLASのコンパイルに時間をかけているが, Macにはaccelerateフレームワークがあるから無駄なような気がする. でも, 最初は安全重視でncarg添付のものを使った.

コメント

このブログの人気の投稿

静的サイト生成ツールの導入

uptex

TeXのソースを分割してTeXShopでタイプセット