ACML


Athlon X2 5400+を載せた自作PCのベンチマークを改善しようと,AMD Core Math Libraryをインストールし,Octaveをコンパイルしてみた.Linux用でgfortranでコンパイルしたものは,intが32-bitのものと,64-bitのものの2種類あった.どちらも取得してインストールした.取得には登録が必要だった.インストールは添付のシェルスクリプトで行う.OpenMPに対応したライブラリが含まれている.

PowerPC G4のMac mini以下の性能だったが,atlas-3gf-baseを使うと3.5Gflopsくらい出た.ACMLはもう少し性能がよく5Gflopsでたこともあった.CFLAGSやCXXFLAGSに-fopenmpを指定し,マルチプロセッサ用のライブラリとリンクしてみたが,Mac mini以下に逆戻りしてしまった.gccのOpenMPのできが問題なのだろうか.Athlon X2 5400+は,2コア使うとPowerPC G5やCore Duoと勝負できそうだが,クロックの近いCore 2 Duoには劣る.

OctaveをMacPortsから普通に入れてもLeopard添付のAccelerate.frameworkはスレッドを立ち上げてコアをすべて使ってくれているようである.手軽に性能を出すならMac Proが楽なのではないだろうか.

コメント

このブログの人気の投稿

静的サイト生成ツールの導入

uptex

TeXのソースを分割してTeXShopでタイプセット