NETJUKEの無線化

NETJUKEのネットワーク共有はあまり使うつもりはないのだが、時計くらいはあっていた方がエアチェックにも都合が良い。

対応しているBUFFALO 802.11g 無線LAN AirStation USB2.0用KEY型アダプタ WLI-U2-KG54を購入。WLI-U2-KG54Lなど似た型番でも、ほかのものには対応していないので注意。

NETJUKEの説明書を改めて読むと、セキュリティは脆弱なWEPにしか対応していない。これは問題だ。WPA/WPA2に対応したイーサネットメディアコンバータを使い、有線でつないだ方がよさそうだが買ってしまったので仕方がない。

接続には苦労した。ネット上の情報によると、感度が弱いこと、再起動が必要なことがあることなどが報告されている。2007/4/23には、NETJUKEのソフトウェア3.00がでている。Macのインターネット共有を利用してNETJUKEをネットワークに接続して、ソフトウェアのアップデートをしたがうまくいかなかった。

つながらないだけならまだしも、アダプタをつけたままにしたら、AMにノイズがのってしまった。ソニーのサポートに電話してもよかったのだが、つながったとしてもノイズがのるのは困るので、無線はあきらめ長いEthernetケーブルで有線接続した。

コメント

このブログの人気の投稿

静的サイト生成ツールの導入

uptex

TeXのソースを分割してTeXShopでタイプセット